読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

out-focus

音楽について

ノエル兄さん絶賛発言中、弟は迷走中

ノエル兄さん絶賛発言中、弟は迷走中。

f:id:junji0412:20141115194741j:plain

ロックの話題が乏しくなってますが(そんなことない?)、そんなロックから距離を置き始めた人にも「おいおい、言ってくれんな!」とその都度発言に注目が集まる元Oasisノエル・ギャラガーさん(47)。

最近アップされたnoiseyによるノエルのインタビュー動画がRO69にて訳されていました。

ノエル・ギャラガー、コーヒーやアプリの代わりに音楽を勧める&モリッシーとの逸話 (2014/11/13)

ラッセル・ブランドケイティ・ペリーの元旦那という事を忘れがちな人多いよね)の話はさておき、意外と音楽業界について言及する事が多いノエル。独断と偏見満載のロックに対する視点で、英国、または世界の流行音楽に向けてあれやこれやと愚痴のように喋るのだいつものスタイル。

ノエル・ギャラガー、もはやロック・スターは絶滅すると語る (2012/08/27) 

かなり偏った視点だし、ノエルの発言もユーモアとジョークに溢れ過ぎた口調なので話半分で受け止めるのが正解。なので音楽業界についてよりもその後の「モリッシー珍道中(?)」の方が酒の肴になるってもんです。

モリッシーとのエピソードを問われたノエルは...

モリッシーとの面白前回LAに行った時、この時もラッセル(・ブランド)とつるんだんだけど、ラッセルから『モリッシーに会いに行こうよ』ってけしかけてきたんだ。これがまた、生まれてこの方最高に楽しかった一夜のひとつになったね。ほんとおかしくてさ。みんなでバーに行ったんだけど、モリッシーは店でかけるために自前のCDとか持ち歩いてて、といっても別に自分の作品じゃないんだけど、それを店にかけさせるんだよ。店でかかってるCDの演奏をわざわざやめさせてさ(笑)。

 

で、『これをかけなさい』って感じで。それから3人でダベってると、話の途中で突然、『この曲のタイトル当てられる?』って振ってくるんだよ。もう聴いたことない曲だし。するとブライアン・プロセローのものだったんだ。結局、その晩は酔い潰れて、ひどい宿酔いになって、翌日ラッセルにメールで昨日のあの曲なんだっけって訊いたんだよ。そうしたら、ブライアン・プロセローだっていうから、ダウンロードで買ったんだよ。

 

その後、ロサンゼルスを発つ前の晩、つまり、最後の曲をやる前の晩にスタジオに居合わせた連中にこのブライアン・プロセローをたまたま聴かせてたんだよ。聴きながら、みんなでこれすごいよねって話になってて、そこで急に閃いたんだよ。『そういえば、あの曲、このスタイルでやればいいんじゃないのかな』ってね。それでその曲をちょっと書き直してみたんだよね。そうしたらもう、なんとびっくり、魔法が起きたんだよ!

 

というわけでモリッシーありがとう! といってもクレジットもなにもあげないけど。感謝の気持ちだけは送っとくよ。

以上で話していた時の模様が去年ラッセルのTwitterにてバッチリ確認できます。 

OasisThe Smithsも大好きなラッセルにはこの上ない時間だったろうし、ノエルもThe Smithsは好きだから(といってもジョニー・マーのギターとソングライティングに対して。モリッシーは人として興味あるんだと思う) とても有意義な時間だったのだろう。

ノエルよりもモリッシーの期待通りの振る舞いにニヤッと笑ってしまうのがこのニュース。頼みもしないのに自分のお気に入りのCDを持ち歩いていたり、バーのDJに「その音楽を止めなさい」「これをかけなさい」なんてモリッシーかボノしか許されない行動。またそれがBrian Protheroe(俳優/シンガソングライター)をチョイスするのも彼らしい。何の曲を回したのかは分からないが『Pinball』『Pick』『I/You』のどれかだろうな...

そんなノエルは来年2015年3月2日(日本では2月25日に先行販売)に2ndアルバム『Chasing Yeaterday』をリリースする。以下1stシングル「In The Heat Of The Moment」、そのカップリング「Do The Damege」。Brian Protheroeの影響はこの2曲にはないので、おそらく他の曲かな?

 

...それにしても新作のジャケットがダサい...笑 

Chasing Yesterday

Chasing Yesterday

 

 

最近ではジョニー・マーのブリクストン公演に飛び入り参加したノエル。酷い二日酔いによる「How Soon Is Now?」のコラボは一応盛り上がるだろうなぁ...

来年は新作と日本ツアー、そしておそらくOasis《Chasing The Sun》の最終章『Be Here Now』の再発などまた話題を沢山提供してくれることが確定してるので、お願いです、またブログやって下さい(本人は"ブログ"という形態を嫌っているけど)Tales From The Middle Of Nowhere : 標準OASIS学

 

ノエルが絶賛発言中なのに対し、Beady Eyeを解散させて再び路頭に迷い始めた弟リアムくん。自身のファッションブランド"Pretty Green"の活動に勤しんでいるのはミック・ロック×デヴィッド・ボウイとのコラボレートで分かるだけど...それにしてもそのコラボTシャツ、1枚95ポンド(約16,000円なり!)というお手頃な価格設定 笑。

 

 

久々にステージ上でザック・スターキー(元オアシスのサポートドラム。リンゴ・スターの息子ですね)と「My Generation」をプレイするのもいいけど、まずは就職先を考えないと。

 

 

別に特別な内容の記事でもないけど、ここ最近は『Oasis展』に行ったり、90年代のUKロックを買い直したりしてるのでその熱を今回は発散するカタチで書き認めました。『Oasis展』は意外と女性も多くて、さすが原宿での開催だと思いましたね。

f:id:junji0412:20141116101009j:plain